2006年10月29日

試剣石

DSCN4866.jpg
すぱっと二つに割れた試剣石。
だーれだ、割ったのは・・・
続きを読む
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

甘露寺

DSCN4878.jpg
甘露寺の眺め。
北宋の時代から伝わるという鉄塔の横で、下界の煙突が白煙をあげている。
今のここのヌシは気楽な監視員達。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

壁面

DSCN4886.jpg
屹立とした甘露寺の壁。
長江に面した要所にあり、北固山の山頂で守りやすく、寺というよりも砦のようだ。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

呉蜀同祝

DSCN4880.jpg
甘露寺は劉備と孫権の妹の政略結婚が行われた場所。
三国志に関係する(と伝えられる)史跡も多い。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

三笠の山に

DSCN4875.jpg
甘露寺に立てられた阿倍仲麻呂の歌碑。
ご存じ、遣唐使として派遣され、後に帰国を果たせなかった人物。
百人一首にも載っているこの歌碑を建てたのはもちろん日本人。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

狼石

DSCN4885.jpg
甘露寺の狼石。
諸葛亮が敵兵を欺くために使ったという言い伝えも。
そして、本当は羊を模したという言い伝えも・・・というか、角があるし狼には見えない。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

ピース

DSCN4879.jpg
甘露寺の仏像。
どう見てもポーズをとっているようにしか見えない。
色遣いもハデハデだし。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎮江@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

スモー・レスラー

P1050720.jpg
飛行機内のショップパンフレットから(シカゴと関係ないけど)。
Bashoってなんだろう。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ@USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

ミシガン湖を背景に

P1050723.jpg
こうやって見ると、シカゴという街がいかにミシガン湖に寄り添うに成り立っているかわかる。
ミシガン湖のまわりを這うように広がり、ミシガン湖の上にシルエットを作る。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ@USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

シカゴ上空

P1050721.jpg
空から見たシカゴはミシガン湖の縁にそびえる剣山のようだ。
毛並みのそろったカーペットのような街、どこまでも平らな地面。
こんな、おかしな光景、見たことがない。
右よりの黒いタワーが、かつて世界一高かったシアーズ。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ@USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

オーロラ

P1050608.jpg
シカゴ行きの飛行機から、アラスカ上空でオーロラが見えた。
かすかな光のカーテン。
飛行機の窓を通すと、色もほとんど消えてしまった。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ@USA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

名古屋城

P1040856.jpg
名古屋城。
ここがベストポジションなんだろうか、人がいっぱい。
『人も画のうち』と待ちきれず納めた。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

金シャチ

P1040864.jpg
金の鯱。
尾張名古屋は城でもってて、名古屋城はこいつでもってる?
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

おっぺけぺ

P1040859.jpg
名古屋城の本丸前庭で川上一座が興行中。
菊の装いにぎにぎしく。扇子片手に颯爽と。
でも、名古屋城には大御所がいる。続きを読む
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

内堀

P1040892.jpg
名古屋城本丸の内堀を皆がのぞいていた。
なんだろうと加わってみると、「あそこあそこ」「あれかも」何を指しているのかわからない。
やがて、お爺さんが一人やってきて皆に得意そうに言った。
「前は内堀に鹿がいたけど、全部死んでしまった」と。
そういえば、前に来たとき鹿を見た記憶がある。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

名古屋城本丸

P1040873.jpg
櫓の渡りから本丸を見上げた。
少し茶色いところもある白壁と、錆びた銅瓦と、てっぺんに金シャチ。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

きしめんの由来

P1040891.jpg
きしめんのミソは平たい麺ではなかったらしい。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

P1040884.jpg
名古屋城の堀のそばで寝ている猫。
太平、太平。
しかし、あまりに無防備な寝相。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

石垣

P1040878.jpg
名古屋城の石垣。
城壁に向かって緩やかな弧を描いている。
そして、石面には・・・続きを読む
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

テレビ塔

P1040905.jpg
名古屋のテレビ塔。
東京タワー、横浜のマリンタワー、京都タワー、大阪の通天閣、神戸のポートタワー、その中ではいかにも鉄塔っという造り。うろこ雲の空と意外によく合う。
posted by 貴 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知@日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。