2005年03月30日

寸劇

駱駝山 靖江王府の孔廟で行われていた寸劇。科挙にまつわる一場面かと思うが、中国語は分からないのでちんぷんかんぷん。おまけにここは写真を撮ってはいけなかったようなのだが、それもちんぷんかんぷん。
posted by 貴 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂林@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駱駝山

駱駝山七星公園の駱駝山。ラクダに似ているって言われても、いまいち感激もできない。中国の人はホント岩とかが好きなんだから・・。
posted by 貴 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂林@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

眼鏡橋

眼鏡橋七星公園の花橋。緑に囲まれて、水面に映る姿が優美だ。
posted by 貴 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂林@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

風洞の入り口

石門畳彩園門となっている風洞の入り口。風洞の上には「畳彩山」の文字と、その右に「神様にはなりたくないが、桂林人になりたい」と刻まれている。それなら、なれるかも。
posted by 貴 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂林@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄金の仏像

黄金仏像風洞を抜けた先にある黄金の仏像。おおらかな風情の仏像と対照的に、参拝者は真剣そのもの。
posted by 貴 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂林@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畳彩山より

市街俯瞰畳彩山の拿雲亭より桂林市街を眺望。左手の漓江に突き出た穴のあいた岩山が象鼻山、街の中央付近にそびえているのが独秀山。街を取り囲むようにこの地方独特の奇峰が連なる。右手前に見える塔や庭園は民族村のようなレジャー施設。
posted by 貴 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 桂林@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。