2005年07月06日

龍門水岩

龍門水岩入り口いざ、龍門水岩の中へ。えっ、水の中?


続きを読む
posted by 貴 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

遇龍河風光

遇龍河風光陽朔から月亮山へ続く道の途中の景色。漓江の支流、遇龍河を橋の上から。よく晴れた日の光に、連なる奇峰も山水画というよりむしろ牧歌的に見える。緑の駱駝やカタツムリのようにも。
posted by 貴 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月亮山

月亮山高田郷の奇観、月亮山。山を貫く穴から月が亮(あか)るく眺められることから名付けられた。山に穴が開いていているだけなのだが、これは絶対見なければと思い、朔陽で自転車を借りて向かった。
posted by 貴 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月亮山頂上

月亮山一休み月亮山頂上からの眺め。眼下にぼこぼことおかしな山が連なる光景が面白い。でも、ここまで続いた階段の数に登頂直後は誰しも息を切らせて一休み。
posted by 貴 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村の道

道月亮山の方へ向かう観光客達。最後尾の編み笠は売り子だろう。緑の山並みと素焼きの瓦と編み笠が、郷愁を誘う。
posted by 貴 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山並み

月亮山山並み月亮山を中心に山並みを望む。まるで、月亮山は穴のあいた岩の屏風のようだ。山の中まで平板が埋まっているのではないかと、奇妙な想像も。
posted by 貴 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

山間の道

山の中月亮山から龍門水岩へ続く途中の山中の道。三角形の山、それに寄り添うように建つ岩壁の小屋、絵に描いたような風景だが、これを眺めていたときは暑さでクラクラ。やっと木陰を見つけて一息。
posted by 貴 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

漓江の流れ

漓江の流れ漓江の眺めは、月並みな言い方だけど「山水画のような」というしかない。鵜飼いの筏も演出に過ぎないと分かっているが、雄大な風景にとけ込んで悠久の一部となってしまっている。この景色はいつから続いているのだろうか?
posted by 貴 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽朔@中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。